弾き語りの新たな境地!Anlyの経歴、魅力、おすすめ曲を紹介!

みなさんこんにちは!

今日紹介するのは、複数のドラマ、アニメとのタイアップ経験があり、

音楽シーンで「今一番ライブで見たいシンガーソングライター」と称される、

新時代のシンガーソングライター、Anlyさんです!

2019年11月からは5か月連続デジタルシングルリリースも行っている彼女。

今、最も熱いシンガーソングライターの一人です!

今回はそんな波に乗るAnlyさんの経歴、おすすめ曲、音楽性、ライブの魅力等々を紹介していきますよ!

それではいってみましょう!

スポンサーリンク

経歴

1997年1月、沖縄・伊江島生まれたAnlyさん。

6歳の時に父親にギターを買い与えられ、そこからAnlyさんの音楽人生が始まります。

15歳までPCもインターネットも家にはなく、情報が閉ざされた南の島で過ごしたそう。

音楽好きの父が持ち帰るブルースやロックのCDを聴き、ギターをオモチャ代わりに爪弾く日々を過ごしていたようです。

島には中学校までしか無く、高校進学の為に転居した沖縄・那覇市内で弾き語りライブをスタートさせます。

高校を卒業した年、18歳の2015年8月にインディーズレーベルからシングル「Bye-Bye」をリリース。

同年11月に「太陽に笑え」でメジャーデビューすると、 ドラマ主題歌に大抜擢されます!

2017年になると4thシングル「カラノココロ」をリリース、同曲は『NARUTO-ナルト- 疾風伝』オープニングテーマに採用されます!

2018年には日本国内で100本以上のライブ、イベント出演を重ねると、

ついに「香港アジア・ポップミュージックフェスティバル 2018」にて優勝します!

その後日本国内では女性アーティスト初となるループペダル(ループステーションやループサンプラーとも言います)を駆使したライブツアー『LOOP NIGHT』をスタート。

同年2018年7月に発売された自身2枚目のフルアルバム「LOOP」はLA在住の新進気鋭のサウンドプロデューサーJuan Arizaらとともに制作されました。

その先鋭的でジャンルレスなサウンドは、Spotifyなどストリーミングサービスで日本国内だけでなく、全世界で多くのフォロワーを得ています!

Anlyさんのループペダルのパフォーマンス、唯一無二の歌声、圧倒的な作詞作曲センスで、

日本国内では「今一番ライブで観たいシンガーソングライター」と話題のアーティストです!

音楽性

Anlyさんの音楽的特徴は何と言ってもループペダルによるギターの音の重なり、

そして、音楽好きの父が聞かせてくれたというブルースやオールドロック、

ラジオで聞いていたというエドシーランなどの最近の洋楽といった幅広いルーツミュージックから生まれる、

ボーダレスでジャンルレスな、洋楽と邦楽のハイブリットのような曲調やフロウ感が魅力だと思います!

ループペダルというのは、繋いだ楽器の音をその場で録音、ループ再生してくれる機材です。

この説明じゃわからない!という方は、記事下部にAnlyさんのライブ映像をのせているので、それを見てみてください!

ループペダルと言えばやはりエドシーランの名前が浮かびますが、Anlyさんもエドシーランに触発されてループペダルを取り入れたそう。

日本でループペダルを積極的に活用しているシンガーソングライターというとReNさんが浮かぶでしょうか。

(ReNさんについては次世代シンガーソングライターReNの経歴、おすすめ曲を紹介!で詳しく紹介しています!)

AnlyさんもReNさんもまさに次世代のアーティストの先頭を走る方ですから、

これからはループペダルを使うアーティストが増えるかもしれませんね!

洋楽のエッセンスが含まれているのもAnlyさん、ReNさん共通の魅力ですから、

これからの邦楽界は洋楽のエッセンスを取り入れた楽曲が主流になるかもしれません!

ライブの魅力

Anlyさんが「今一番ライブで観たいシンガーソングライター」と人気を博していることはすでにお伝えしましたが、

それもそのはず、Anlyさんのライブはお客さんが惹かれる要素がふんだんに盛り込まれているんです!

まず第一に、Anlyさんは生歌が本当にうまい!

歌声を加工できるようになった現代だと、CD音源はうまいのにライブに行くと、

あれ・・・?そんなにうまくない・・・?

みたいなアーティストも残念ながらいます。

歌がうまいことってそれだけでライブの満足度に直結しますよね。

その点ライブ活動からの叩き上げのAnlyさんは圧倒的に歌がうまいです。

歌を求めていくのであれば、必ず満足できると思いますよ!

次にライブが面白い要素は、曲前のループペダルの録音部分です!

これは今までのシンガーソングライターとは明確に差別化できている部分で、

ギターの音やコーラスを収録して曲を作り上げていく製作過程を目の前で見ることができる。

このエンターテイメント性は今までの音源を流すスタイルでは得られなかったものです。

もしかするとAnlyさんがループペダルを導入したのもこのエンターテイメント性に惹かれたからかもしれませんね!

最後の魅力は、ライブでしか聞けないアレンジが聞けることです!

ループペダルはその一回一回でその場で収録する分アレンジを利かせやすいという特徴があります。

その結果生まれるその場のライブ感あるアレンジが新鮮さと新たな楽曲の魅力を引き出し、観客を魅了して止みません!

そんなライブごとの新鮮さがAnlyさんの最大の魅力でもあるんじゃないでしょうか!

使用ギター

Anlyさんの楽曲を構成する大事な要素であるアコースティックギター。

ライブ映像等で使用しているギターを見ることができます。

Anlyさんの使用している木の葉のようなホールの開いた特徴的なギターが気になって調べてみたところ、

Anlyさんが使用しているギターはオベーション社から販売されていた、Ovation S778 Elite Specialというモデルのようです。

調べてみたところ現在はもう販売終了している模様です。

購入するなら中古しかなさそうです。

うーん、入手するのは中々難しそうですね・・・

もう少し使用機材について調べてみたところ、YAMAHAのアコースティックギターも使用しているようです。

使用モデルはYAMAHA LL36 ARE

なんと定価36万円・・・!

なかなか手が出にくい値段ではありますが、

Anlyさんとどうしても同じギターが弾きたい!

という場合は購入を検討してみてもいいかもしれませんね!

おすすめ曲

ここからは、Anlyさんの魅力的な楽曲の中から特におすすめの三曲をピックアップしてお届けします!

エトランゼ

Anly「エトランゼ」 Live from Anly"LOOP" Around the World ~Track 1~

2018年7月にリリースされた2ndアルバム「LOOP」に収録された楽曲、「エトランゼ」です!

上に乗せた動画は公式チャンネルから配信されているライブ映像です!

楽曲はアップテンポで、Anlyさん自身の芯の強さを感じる魅力的な歌詞が特徴です!

聴いていると背中を押してくれているような感覚がしてきますよね!

映像を見ていただけると観客と共に曲を作り上げていく一体感や、

目の前で曲ができていくエンターテイメント性を感じられます。

思わずライブに行きたくなった人も多いんじゃないでしょうか!

Moonlight

Anly 『Moonlight』MUSIC VIDEO

続いてはエトランゼと同じく「LOOP」収録の「Moonlight」です!

こちらはAnlyさんのもつ洋楽のエッセンスが色濃く出た楽曲です。

音の数を減らしてボーカルの声質、歌唱力を前面に出す構成が洋楽の最近の流行りを踏襲していますよね。

2分40秒くらいからのテンポアップと歌詞のフロウ感もなんとなく洋楽のエッセンスを感じます。

歌詞の内容は大人の女性の恋愛について歌っていて、カッコよさと艶めかしさが同居していて素晴らしい!

成人したばかりでこんな大人な歌詞を書けるなんて、Anlyさんの感性の豊かさが感じられますよね!

Venus

Anly 『Venus』Music Video

こちらは2017年11月にリリースした7thシングル「Venus」の表題曲です。

この曲はドラマ「科捜研の女」の主題歌として書き下ろされたものです。

Veunsはエトランゼ、Moonlightとは違いしっとりとしたバラード。

人に寄り添う優しさを込めた応援歌として書き上げたというこの曲。

Anlyさんの力強さと優しさが内包された透き通る歌声にあなたも思わず涙するはず!

Anly「Venus」超絶ルーパー演奏@渋谷CLUB QUATTRO

こちらは公式から配信されているライブ映像。

サビの透き通った歌声と、それに重なるコーラスは神秘的な美しさを感じさせます。

まとめ

以上Anlyさんの経歴、音楽性、ライブの魅力、使用ギター、おすすめ曲を紹介しました!

いかがだったでしょうか?

圧倒的な歌唱力と作詞作曲センス、ループペダルを使った独創性、etc…

彼女の魅力を上げればきりがないほど!

そんな次世代の先頭を行くシンガーソングライターAnly、

ぜひ応援してみてはいかがでしょうか!

それではよい音楽ライフを!
ご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました