MIDIキーボードってどう選べばいいの?選び方解説とオススメ紹介!

DTMアイテム紹介

みなさんこんにちは!

今回はDTMに必須の機材、MIDIキーボードの選び方とオススメを紹介していきたいと思います。

MIDIキーボードは昨今のDTMブームに乗って需要が拡大しており、

有名ブランドから格安メーカーまで様々なメーカーから続々と新商品が発売されています。

選択肢が増えるのは買い手にとって嬉しいのですが、

市場のMIDIキーボードの数が多すぎてどれを選べばいいのか分からないという悩みも。

という事で今回はMIDIキーボードの選び方を解説した後、

オススメのMIDIキーボードをいくつかピックアップして紹介していきたいと思います。

それでは早速見ていきましょう!

MIDIキーボードとは

MIDIキーボードはDTM(デスクトップミュージック)、つまりはPC上での作曲の為に用いられる鍵盤です。

DTM上ではMIDIデータという形で音を保存、編集しているのですが、

MIDIキーボードはこのMIDIデータを発信するための専用機材です。

その為一般的な電子ピアノやキーボードと違い、基本的に単体で音を出す機能がありません。

もしピアノ練習の機材を探している場合はMIDIキーボードではなく、

普通の電子ピアノやキーボードを選びましょう。

なぜMIDIキーボードがDTMで必須アイテムなのか

MIDIキーボードがDTMで必須と言われている理由は、その打ち込み効率の高さにあります。

本来DTMでは音を入力する際一音ずつマウスを使って打ち込んでいくわけですが、

MIDIキーボードを使えばピアノを演奏する感覚で簡単に打ち込みが行えます。

特に和音はMIDIキーボードを使うのと使わないのでは打ち込みスピードに大きな差が出るため、

DTM必須アイテムとしてMIDIキーボードが重宝されているのです。

こう説明すると「ピアノの知識・技術がない人は必要ないの?」と疑問に思うかもしれませんが、

DTMで音源のサウンドを確認していく際には何十、何百と音を確認して好みのサウンドを探すことになるので、

鍵盤を弾いてサウンドを確認できる方がイメージをつかみやすいという利点もあります。

こうしたサウンド確認は人差し指一本で簡単なメロディを弾くだけでも出来るので、

ピアノが弾けない人でもMIDIキーボードの恩恵を受けることが出来ます。

なので、ピアノに自信がない人もなるべく所持しておく方がDTMでは有利になります。

MIDIキーボードの選び方

MIDIキーボードを選ぶときに基準として考えるべきなのは

  • 鍵盤数
  • 鍵盤サイズ・打鍵感
  • 機能性
  • 付属ソフト
  • 接続
  • 値段

これらの6つです。

この6つの基準に優先順位をつけて製品を見ていけば、自分に合ったMIDIキーボードを絞れると思いますよ。

それではそれぞれの基準について詳しく見ていきましょう!

鍵盤数

MIDIキーボードは一般的なキーボードと同じく製品によって複数の鍵盤数のものがあります。

  • 定番の鍵盤数は49鍵
  • ピアノ演奏が得意な人に人気な88・61鍵
  • 省スペースで音確認等に使いやすい37・25鍵

どれが一番便利というものではありませんが、

演奏しながら打ち込みする場合は鍵盤数が多ければ多いほど作曲中のストレスは減るかもしれません。

ただ、そうはいっても作業スペースとの兼ね合いもあるので、自分の環境と相談ですね。

鍵盤サイズ・打鍵感

続いては鍵盤サイズ・打鍵感についてです。

まずは鍵盤サイズについて。

ピアノ・キーボードに詳しい人はご存じと思いますが、鍵盤の横幅に応じて、

  • フルキー(ピアノと同じサイズ)
  • ミニキー(より小さいサイズ)

この二種類が存在しています。

演奏性重視ならフルキー、省スペースならミニキーと言った感じですね。

次に打鍵感についてですが、これはタッチの軽さです。

  • ライトウェイト
  • セミウェイト
  • ピアノタッチ

と3種類あり、ライトが最も軽く、ピアノタッチがピアノ同等の重さになっているのですが、

MIDIキーボードは基本的にライトウェイトであり、

少々お高い物でもセミウェイトの場合がほとんどなので実質2択でしょうか。

ピアノになれている人はセミウェイト以上が扱いやすいですが、

キーボードに初めて触る、という人はあまり気にしなくてもいいかもしれません。

機能性

つづいては機能性についてです。

MIDIキーボードにはフェーダーやパッド、ピッチなどのコントローラーが付いているものがあります。

メーカーや機種によってコントローラー部分は多種多様なので、一概にどれがいいとは言えませんが、

最低限ボリューム調整、オクターブ変更機能が搭載されているかどうか、

そして簡単に行えるかどうかは確認しておくといいかもしれません。

付属ソフト

MIDIキーボードの中にはDAWソフト等が付属しているものがあります。

例えばNative Instruments社から発売されているKOMPLETE KONTROLシリーズのMIDIキーボードには、

DTMerに人気の、同社から発売されているKOMPLETE13という音源バンドルの下位版が付属しています。

このように音源やソフトを販売しているメーカーから発売されているMIDIキーボードは付属ソフトが付いている場合が多いので、

狙っているソフトを基準に付属しているMIDIキーボードを選ぶのも良いと思いますよ!

接続

MIDIキーボードはPCと接続出来ることは大前提として、

外部のMIDI機器に接続できるMIDI端子を搭載しているのかどうか、

iOSとの接続は行えるのか、

Bluetooth接続は行えるのか・・・などなど、

自分の使用環境に合わせて接続面も確認するようにしましょう。

値段

最後は何と言っても値段です。

DTMは無限にお金がかかるので、いかに予算内で必要なものを揃えるかということが重要になります。

特にMIDIキーボードは節約しやすい部分ではあるので、自分の予算としっかり相談して、

削れるだけ削るのか、しっかりお金をかけて良い物を購入するのか決めておきましょう。

オススメMIDIキーボード

KORG microKEY-25

最初に紹介するのは「KORG microKEY-25」です。

MIDIキーボードには最低限のお金しか掛けたくないという人向けですね。

鍵盤数は最小の25、ミニキーという事で演奏性はお察しですが、

サウンド確認にしか使わないのであれば十分に対応できる機能は揃えているので、

とにかく安く最低限を、という方にオススメです。

Akai Professional MPK mini mk3

続いては「Akai Professional MPK mini mk3」です。

こちらも「KORG microKEY-25」と同じく25鍵ですが、コントローラ部分が豊富です。

8つのパッドとノブが付いているのがEDM系のビートメイクには便利です。

その分同じ25鍵のMIDIキーボードと比べても少し値段はお高めですが、

十分選択肢に入る良いMIDIキーボードだと思いますよ。

M-Audio Keystation49 III

続いては「M-Audio Keystation49 III」です。

しっかりと49鍵でピッチとモデュレーションも搭載している割に値段が安いコスパ最強枠です。

とりあえず使い勝手がいいMIDIキーボードが欲しい人はこれを選んどけば問題ないかと。

1万円前後という事でだいぶ鍵盤部分はチープですが、ピアノ弾きでないDTMビギナーには十分です。

筆者も音確認用にこちらのMIDIキーボードを使用していますが、

とにかく重量が軽く頑丈なので扱いが楽で助かってます。

雑に扱えてオススメです。

Alesis V49

続いては「Alesis V49」です。

簡単に言うとM-Audio Keystation49 IIIに8つのパッドと4つのノブがついてて便利な感じですね。

ただもちろん値段も上がっています。

デザインはM-Audio Keystation49 IIIよりもスタイリッシュでかっこいいかな~と思いますが、

パッド部分などのLEDが光るので、それを嬉しいと思うか邪魔と思うかは使用者次第。

筆者は作業中に光られると集中途切れるタイプなのであんまりうれしくないんですが、

デザイン性のためなら仕方ないでしょうか。

値段を考えれば十分コスパが良いと思います。

NATIVE INSTRUMENTS KOMPLETE KONTROL A61

続いては「NATIVE INSTRUMENTS KOMPLETE KONTROL A61」です。

61鍵のMIDIキーボードと言われるとすぐにこれが思いつくくらいには定番です。

天下のNATIVE INSTRUMENTS製のMIDIキーボードなので、

DTM音源も使い勝手が良い物がいくつか付属しています。

61鍵以上で値段が手ごろな出来の良いMIDIキーボードはA61くらいな気がするので、

ピアノ演奏が得意で、マウスで打ち込むよりは鍵盤を弾きたいというタイプの方はほぼこれ一択かなと思います。

(横幅が長く作業スペースが狭い人はめちゃめちゃ使いづらいかもしれません。スペースと要相談。)

NATIVE INSTRUMENTS KOMPLETE KONTROL S88 MK2

最後に紹介するのは「NATIVE INSTRUMENTS KOMPLETE KONTROL S88 MK2」です。

88鍵、打鍵感もしっかりしていてコントローラーも充実しており、更には液晶まで付いているという万能MIDIキーボードです。

しかも2万円分のDTM音源が付属しているのでお得感もあります。

が、一つ欠点があるとすればそれは高すぎるお値段・・・、10万円以上します。

もうこの時点でほとんどの人は「こんな高いの買えないよ!」となったと思いますが、

ずっとDTMを続けていると段々欲しくなってきます。恐ろしいですね。

流石に初心者はやめた方が良いですが、お金が余っている中級者以上の方は検討してみてもいいかもしれません。

まとめ

ここまでMIDIキーボードの選び方とオススメをいくつか紹介しました。

MIDIキーボードをなに基準で選ぶかは人それぞれの正解があると思いますが、

あまりこだわりがない人は最初は安いものを選んだ方が後悔しないと思います。

足りない部分が出てきたらより良い物に買い替えればいいですからね。

逆にこだわりがある人はある程度のお金を出さないとがっかりするものを選んでしまうかもしれないので、

しっかりと時間をかけて吟味した方が良いと思いますよ!

ということで今回はここまで。
ご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました